あま市にあるひおき歯科ではマタニティー歯科を行っています。

052-443-0711
お問い合わせはこちら

診療時間:8時~13時、15時~18時_休診日:木曜・土曜午後・日祝日

メールで予約

マタニティー歯科

ひおき歯科のマタニティー歯科

ご懐妊おめでとうございます。

新たな命を宿した方にまずはお祝いを申し上げます。お子さまの歯の健康に関心の高い方が年々増えているように思われます。その中で妊娠中の歯の健康状態は後々のお子さまの歯の健康に直接的に関わってきますので、日ごろからのケア―を欠かさないようにして、生まれてくる新たな命が歯のことで悩まないように準備してあげましょう。

あなたも気になりませんか?
妊婦さんが気にしているランキング

お薬について_服用しても大丈夫なの?
レントゲンについて_放射線で危ないんじゃ?
麻酔について_胎児に影響ないの?
  • お薬について

    当院では基本的にはお薬は処方しない方向での治療を考えています。
    使用する際には必ず説明をしたうえでの処方となりますので、ご安心ください。

  • レントゲンについて

    歯科で用いるエックス線は赤ちゃんに直接あたることはなく危険度は低いですが使用を控えるのに越したことはありません。
    どうしても必要があれば、ご相談の上撮影を行います。
    その際は防護用の鉛のエプロンを着用して撮影を行います。

  • 麻酔について

    痛みを我慢して、かえって母子ともにストレスになることもあるため、麻酔を行うこともあります。歯科の麻酔は局所麻酔なのでおなかの赤ちゃんにまで影響が及ぶことはありません。

╲ その他気になることはなんでもご相談下さい。╱

無料相談

マイナス1歳からのむし歯予防

生まれてくるお子さまのために
マイナス1歳からのむし歯予防

ご存知かもしれませんが、生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はいません。赤ちゃんに接する大人からの付着が虫歯の原因になってしまうケースが多いのです。生まれてくる赤ちゃんのためにもお母さまお父さまの歯の健康は欠かせないものです。
こまめにケアをしてお口の健康を維持しましょう。

妊娠後の変化

妊娠時はむし歯や歯周病になりやすい!?

妊娠時はつわりにより奥歯の歯磨きが困難になることや、少ない量の食事を何度もすることから口の中が酸性の状態になりむし歯菌が繁殖しやすい状態になったりします。その結果むし歯や歯周病になってしまうリスクが妊娠時は高くなってしまうことが分かっています。

歯周病のひどい妊婦さんは、早産の恐れや低体重児出産などの
妊娠トラブルになる危険性が高くなります。
ご家族でお口の健康を守ることも新たな命に対する準備ではないでしょうか。

妊産婦検診について

妊娠中のお母さまに対して、無料で歯科検診が受けられる制度があります。
母子健康手帳が交付されたら妊婦歯科検診を受けましょう。
また出産後にも1度検診を受けることが可能です。
くわしくはお近くの歯医者さんまでお問い合わせください。

母子感染の予防

生後1年7カ月からの注意期間

お子さまのむし歯の危険性が高まるのは、奥歯が生える生後1年7カ月から2歳7カ月の間だと言われています。食べ物の口移しやキスなどの唾液感染が主な理由とされています。その感染もとはお母さまが85%だそうです。
また帝王切開の場合さらに1年早くむし歯の危険期間が早まると言われています。

母子感染を予防するには?

スキンシップをやめてしまうことでしょうか?
そうではありません。
お子さまにとって大人とのスキンシップが大切なことは言うまでもありません。
大事なことは、周りの大人がしっかりとお口の健康を守ることです。
大切なお子さまのため、あなたのお口の健康が大切なのです。

╲ 歯の健康には定期的なメンテナンスが一番効果的です。╱

予防歯科へ

診療項目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • マタニティー歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 予防歯科
  • マウスピース
  • 訪問歯科
  • 入れ歯・インプラント
診療カレンダー
採用情報
医院ブログ
Dr.アキブログ
ページの先頭へ